Search

バラ満開の季節

一月の新月に脳梗塞で倒れて入院していた父を、たまたま2月中旬に夫婦で帰国の予定があってお見舞いして、同時期に自分もなぜか初めての肺炎にかかり、その後、弟たちと母がしっかり父を看取ってくれて、振り返ってみると私には何が何だかわからないうちに父は他界し、その葬礼拝に参加するために三月の初めに再び一家で帰国して、とても密度の濃い時間を親族、家族、友人たちと過ごしました。 昨年の8月に日本で演奏会をして楽しい時間を一緒に過ごせたこと以外、本当に親孝行は何もできなかったのですが、父は、親孝行をして欲しそうに見えたことのないお父さんでした。 「いいな、フィリエの演奏会を生で聴きたいねえ。」 そう言った父のおととしの一言は、そういう意味で珍しかったので、私は本気でそれを受け止めて、企画をすることになったのでした。 歩くのが難儀になってきた日々にも、そのことについて文句を言っていなかったし、一日中眠ったり起きたりしていると夜まとめて眠れず、かと言って本を読むのが億劫な時に、一晩中やっているラジオがあるんだよ、それがとても良いんだ!と嬉しそうに言っていました。いつでも、「何々がとても良いんだよ!」と人にオススメしてばかりいる父だったと思います。ハイドンが、良いんだよ!ヴァイオリンってすごく良いんだよ!特にクラシック音楽が好きになってからは(前はアルゼンチンタンゴが一番好きでした)やたらにオススメして来て、さらに、「音楽評論って素晴らしいねえ。」と、言語描写できないものに挑んでいるから、あるいは父には理解できなかったことが、ある評論のおかげで理解できたからか、音楽理論にすごくハマったこともありまし

© 2023 par Jus de Fruits. Créé avec Wix.com

  • Instagram
  • YouTube - Gris Cercle
  • Gris Twitter Icon
  • Facebook - Gris Cercle