本番の二日前まで(6ー10)

Updated: Nov 23, 2019

最初にはっきり書きたいことは、

どうやってリラックスするか、

考えるということです。


もちろん追い込みで練習したい人は、

たっぷり練習しちゃってかまいません。

けれども大事なのは、神経を

キリキリさせないということです。


そうしないと、脳が、

良い演奏なんてできないよ状態に

なってしまうからです。


と、いうわけで、

本番の2日前までに利用できる、

第6か条目から第10か条目まで、

書いてみます。



*(昨日の続き です)*


6・早起きしすぎない。

可能なら朝寝をして、

午前中はのんびりする

(演奏会は大体、夜にあるので、

夕方から元気になってくると

自然に演奏しやすい)。


7・本番の曲を録音してみて、

それを我慢強く、譜面を見ながら

聴く。鉛筆を手に持ち、譜面に

書き込んだりして自分にレッスンを

つける

(コンサートが例えば45分なら、

録音は55分ほどかかる。それを聴くのだから

55分かかるところ、録音を止めながら

譜面に書き込んだりしていると必ず70分は

かかる。我慢強くというのは、

途中で「こんなの聴いてる暇あったら

練習した方が良くないか?」と

焦ってしまうかもしれないが最後まで

録音を飛ばさずに聴けば必ず得るところが

あるからです。はっきり言って希望を

見失う気分になるときもありますが、

とりあえず、他人だと思って聴こう)。


8・気に入った演奏をできたなら

その録音を何度も聴いてもいいから

手を動かしている時間は減らす

(筋肉を休めます)。でも録音の

おかげで、聴いていない間、弾いていない間も

頭の中は音楽が鳴り続けるので、

練習は続いている。


9・そして、自分が創り出したい

雰囲気を集中力をあげて決定していく。

どのノリでどのテンポなのかを、

全ての流れを考えた上で計算して、

曲の初めに「間違ったテンポ」で

弾かない自信だけはしっかりつけておく。

この時点では弾かずに頭の中で

歌うだけで大丈夫。

それを曲の数だけやるので、案外

大変な仕事ですが、むちゃくちゃ大事。


10・毎日、演奏会の時間には

「あと5日だな」「あと4日だな」

「楽しみだな」「やっと本番か」

「終わったら次の日は何をしようかな」

と考えるようにする。例えば、午後7時半のコンサート

の準備なら、普通は夕食を食べている。

夕食を食べながら「五日後はこの時間に

弾いてるんだな」と、うっすら思うように

しておくと、当日、なぜか、楽です。


38 views

Recent Posts

See All

2020年春の日記

3月1日(日) 教会で、子供達に「砂漠を40日歩こう」の歌を教える。 私の仏語の発音を一つ、小さい子が(小さい声で)直してくれた。 か…可愛い〜。心がほっこりした、受難節第一週の日曜日。 3月2日(月) オルガンコンサートのアシスタント。 フランツ・リストの作品を聴いていたら、 疫病の多い時代、リストも苦労したよねと急に思う。 数日後に日本に行く予定なので、午後は春服を何枚か買った。 でも、音楽院

間(ま)のことは、 音楽の人も 文学の人も ダンスの人も、 いつも考えている。 美術の人も 考えているらしい。 武術の人も スポーツの人も 考えていると聞いた。 間とは何か? 音楽では 音がない時間 と定義できる。 自然に存在する沈黙と違い、 音楽の間は、 音と音で区切られた沈黙になる。 オルガンはリリースを 指をあげるだけでできるので、 間の前の音の長さを 精密にコントロールできる。 すると 次

© 2023 par Jus de Fruits. Créé avec Wix.com

  • Icône sociale YouTube
  • Instagram
  • Gris Twitter Icon
  • Facebook - Gris Cercle