違い


私が仏語をまだ話せなかった頃、

夫が考えていたことの少ししか、

自分は汲み取れていなかったと思う。

でも、カップルはみんな随分違う。

思い出すと、私と夫は出会った時、

おきまりの「付き合ってください」

という文章をどちらも出してこなかった。

何も約束しなかった。

のちに教会で約束を交わした日にも、

カトリック出身とプロテスタント出身、

という違いがあるのだから、

聖餐式は、できない、となった時に、

私は全然平気だった。

結婚式に聖餐式が要るかな?と

思っただけ。

夫はその時とても悲しくて、

エキュメニズムもまだまだ、

と友人にこぼした、ということを

今日初めて知った。

仏語がわかっていたら、

夫の悲しみを

妻は知ることができたのかどうか?

今結婚して二十四年目に

そのことを今更ながらに知って、

自分は無頓着だった、と感じた。

私はよそ者だから、仲間に

入れてもらえないことが

普通だったこともあって、

無感覚だったと思う。

私のプロテスタント教会に行くと、

夫はいつも聖餐式に一緒に与れた。

それはとても幸福な気持ちだったと言った。

だから、自分の結婚式で、妻がプロテスタントだから

聖餐式が省かれたことは、悲しいことなんだと説明した。

私は教会のことは実は屋根だと思っていて、

中に入っている人が、一緒に

違いを尊重しつつ

祈ろうと決めたこと自体が

素敵だと思っている。

悲しむ人がいなくなることを求めるより、

悲しさを祈りで慰める場所を

作ろうとしていることが、

意味のあることだと思っている。

他のことは、意外だと言われるかもしれないですが

私にはよくわからないのです。


0 views

© 2023 par Jus de Fruits. Créé avec Wix.com

  • Instagram
  • YouTube - Gris Cercle
  • Gris Twitter Icon
  • Facebook - Gris Cercle