ほころぶ

笑顔が、ほころんだ。


という表現が、あります。


でも、ほころび、とは、

縫い目が切れたり、布が破れる、

という意味ですよね?


弾いている時に、

Stylus Phantasticus奏法的に、

「笑顔がほころんだ」ような

フレーズの作り方をして、

十六分音符の連鎖を表現することがあります。


笑顔のような。

ぱっ、と表情が輝いたような。


そんなとき、

柔らかく手首を使うので、

細心の注意を払わないと

音がひとつあるいは半分、

抜けてしまいます。


半分抜けるというのは、

その音の入りが遅いか

出が早いかの微調整の狂いによって、

全体の中で、その音の音価が

微妙に足りない感じになること。


32個の音があるとして、

その中の1音の半分だけ欠けても、

完璧に「笑顔がほころんだ感じ」

が出せない。


のですけれども、

縫い目が不揃い、という意味では

「ほころびだなあ」

と、練習しながら

笑った。

0 views

© 2023 par Jus de Fruits. Créé avec Wix.com

  • Instagram
  • YouTube - Gris Cercle
  • Gris Twitter Icon
  • Facebook - Gris Cercle