音の名前

7歳の、オルガン初心者の子供に、

鍵盤の黒鍵に当たる、

シャープとフラットを教えた。


ソルフェージュの授業では、

シャープが出てくると

耳で聞いた音が「歪む」感じは

みんな持っている。

でも、「半音上がる」と

理論的に考えて、

鍵盤でここ、という具合に、

すべての情報をつなげて、

鍵盤で音を見つけられる子は少ない。


ファを弾いた後で、

鍵盤では右に一つ行くと

「半音上がる」から、

ファのシャープを弾き、


ソを弾いた後で、

鍵盤では左に一つ行くと

「半音下がる」から、

ソのフラットを弾いて、


ファのシャープと

ソのフラットは

「同じ音だね」

「同じ音に名前が二つあるね」

そういう風に少しずつ理解していく。


ところがその7歳の子は、

「だけど、今こうやって弾いたこの音が

ファのシャープ、ソのフラットのどちらなのか、

どうすればわかるのですか」

と訊いた。これは、なかなか

訊かれない質問なので、

私はおお!と思った。


相手のあどけない顔を

見ていると、なぜか、今まで

したことのない説明をしたくなって、

「ソラシドレミファ#ソって弾いたとき、

弾かなかった白鍵はなに?」

「ファ!」

「でしょ!だからこの音はソbじゃなくて

ファ#なんだよ!だってソは使っちゃってるもの!」

「そっか!わかった!」


そこでわかった!と言ってくれたことは、

作曲の基本の考えにつながる。

クラシックをやっていると

そうではない、と言う道には行かない。

「ソラシドレミソb ソ♮」

でもいいじゃん、

と言われたら、

「あんたそれじゃ6音音階に

なるよ!大変だよそれは!」

とちゃんと脅せたか、

わからない。

45 views

Recent Posts

See All

2020年春の日記

3月1日(日) 教会で、子供達に「砂漠を40日歩こう」の歌を教える。 私の仏語の発音を一つ、小さい子が(小さい声で)直してくれた。 か…可愛い〜。心がほっこりした、受難節第一週の日曜日。 3月2日(月) オルガンコンサートのアシスタント。 フランツ・リストの作品を聴いていたら、 疫病の多い時代、リストも苦労したよねと急に思う。 数日後に日本に行く予定なので、午後は春服を何枚か買った。 でも、音楽院

間(ま)のことは、 音楽の人も 文学の人も ダンスの人も、 いつも考えている。 美術の人も 考えているらしい。 武術の人も スポーツの人も 考えていると聞いた。 間とは何か? 音楽では 音がない時間 と定義できる。 自然に存在する沈黙と違い、 音楽の間は、 音と音で区切られた沈黙になる。 オルガンはリリースを 指をあげるだけでできるので、 間の前の音の長さを 精密にコントロールできる。 すると 次

© 2023 par Jus de Fruits. Créé avec Wix.com

  • Instagram
  • YouTube - Gris Cercle
  • Gris Twitter Icon
  • Facebook - Gris Cercle