ある日

狭いお部屋にいつも住んでいますが、

模様替えが好きです。

机の位置やソファの位置、

棚やベッドの位置など、

ある日、突然動かしたくなって、

家族と一緒になって動かす。


本も雑誌も大事に大事に

読んでは、読み返し、

保管していますが、

ある日、古い雑誌は廃棄して

もう読まない本を売りたくなる。


洋服に関しても然り。


どれについても、

特に計画して、そうしようと

しているわけではない。


いわゆる「断捨離」と違い、

「片付けてスッキリしました」

「お家が綺麗で良いです」

という結果をみなさんに

お薦めする話ではありません。


ただ、時々突然、飽きるのです。


そうした時に自分が何を

求めているのか、

昨日までの自分と一体何が

違うのか、自分にもわからない。


その度に、気分転換のために

ものを買ったり街に出たり、

色々な方法があるとは思いますが、

そのような理由でものを買うと、

簡単に満足を得られすぎて、

せっかくの「飽きた」心が、

何を欲しているのか

あまり考えずに終わってしまう。


次の日の朝起きた時に

「ああ、これでしっくり

来るなあ」

と少なくとも数ヶ月は

思えるような、長持ちする変化や、

次に繋がる新しい環境は、

「自分はこれをここにこうやって

置きたい気持ちがある、何故ならば…」

などと、考える時間を費やしてようやく

整えることができるようなものなのではないか、

と思うのでした。


自分が、飽きた・枯渇した、

という事実をまず認める時、

私は「よし、やった!」と

手応えを感じます。


人と少し食い違った時も。


丸く整っていたものを

ぐるっと裏側から見たい

と感じる時も。


猫だって、飽きる。


人なら、当然。


明日が楽しみではない自分に

音楽を演奏させたくない。

そういう理由です。

29 views

Recent Posts

See All

2020年春の日記

3月1日(日) 教会で、子供達に「砂漠を40日歩こう」の歌を教える。 私の仏語の発音を一つ、小さい子が(小さい声で)直してくれた。 か…可愛い〜。心がほっこりした、受難節第一週の日曜日。 3月2日(月) オルガンコンサートのアシスタント。 フランツ・リストの作品を聴いていたら、 疫病の多い時代、リストも苦労したよねと急に思う。 数日後に日本に行く予定なので、午後は春服を何枚か買った。 でも、音楽院

間(ま)のことは、 音楽の人も 文学の人も ダンスの人も、 いつも考えている。 美術の人も 考えているらしい。 武術の人も スポーツの人も 考えていると聞いた。 間とは何か? 音楽では 音がない時間 と定義できる。 自然に存在する沈黙と違い、 音楽の間は、 音と音で区切られた沈黙になる。 オルガンはリリースを 指をあげるだけでできるので、 間の前の音の長さを 精密にコントロールできる。 すると 次

© 2023 par Jus de Fruits. Créé avec Wix.com

  • Instagram
  • YouTube - Gris Cercle
  • Gris Twitter Icon
  • Facebook - Gris Cercle