目覚ましよりも早く

屋根を雨が叩く音がしたら、

起きなくても良いのなら

いいのに、と思う。


雨なのに出かける、

水たまりをはねかして

傘ごと風に吹かれながら

雨の中を出かける、

心の準備がなかなか

出来ない。


これからの季節は

雨の日が続くので、

そのことを楽しめるように

何とか工夫するしかない。


1・壊れていないMy 折り畳み傘が必要

 (時間のない朝、使おうと持って

 出たら、壊れていたりする)

2・大きくて頑丈なMy 傘も必要

 (風が強いとき)

3・革のブーツに防水スプレー

4・靴下を予備で持参

5・リュック用防水カバー

 (持っているのに仕舞い込んである)

6・自転車が使えない雨の日は

 出発時刻は早まる自覚を持つ

 (月火水土日)


My傘が少なくとも二本必要なのに、

いつのまにか誰かに持って行かれる。

しかし考え方を変えれば

持って行った人を、

その傘たちは救ったのだ。


冬のリセットと思って、

傘を早速仕入れてこよう。

家族ぶん、プラスうちに来る人のぶん。

傘は、人数分がないと、

うまく行かない。

21 views

Recent Posts

See All

2020年春の日記

3月1日(日) 教会で、子供達に「砂漠を40日歩こう」の歌を教える。 私の仏語の発音を一つ、小さい子が(小さい声で)直してくれた。 か…可愛い〜。心がほっこりした、受難節第一週の日曜日。 3月2日(月) オルガンコンサートのアシスタント。 フランツ・リストの作品を聴いていたら、 疫病の多い時代、リストも苦労したよねと急に思う。 数日後に日本に行く予定なので、午後は春服を何枚か買った。 でも、音楽院

間(ま)のことは、 音楽の人も 文学の人も ダンスの人も、 いつも考えている。 美術の人も 考えているらしい。 武術の人も スポーツの人も 考えていると聞いた。 間とは何か? 音楽では 音がない時間 と定義できる。 自然に存在する沈黙と違い、 音楽の間は、 音と音で区切られた沈黙になる。 オルガンはリリースを 指をあげるだけでできるので、 間の前の音の長さを 精密にコントロールできる。 すると 次

© 2023 par Jus de Fruits. Créé avec Wix.com

  • Icône sociale YouTube
  • Instagram
  • Gris Twitter Icon
  • Facebook - Gris Cercle